犬のアトピーに獣医師も驚くサプリメント~パンフェノンの有用性

パンフェノンは獣医生命大学の藤田先生が18年から脱毛など、犬のアトピーの症例等の論文発表されているサプリメントです。安全性、有用性が報告されています。

*18年の論文については右サイドに脱毛したしっぽの写真と一緒に簡単に紹介させて頂いております。

アトピーだけでないパンフェノンの有用性

パンフェノンがすごいのは、論文の中で、皮膚病や心臓病、がん、抗アレルギー等、いろいろな症状での効果がすでに報告されているということです。勿論どんな場合にも効果があるわけではありません。

病気で治療を受けているものの、現状維持が精一杯、もうやれることはない、といった症例でサプリメントのパンフェノンをのませたところ、明らかな改善が見られたケースが多くある、というのですからすごいです。

副作用等パンフェノンの安全性もしっかり研究報告、データも揃っているので安心です。

アレルギーのメカニズム

アレルギーに対する免疫バランスを整えて炎症を減らし症状を改善するサプリメントとして使用してみましょう、ということです。

アトピーはわからない部分がまだまだ多いのですが、本来無害なはずの物質に対して過剰な攻撃をしてしまうのがアレルギー体質と言われています。

体が炎症をおこすのはNF-kBという免疫反応において中心的役割を果たす転写因子の一つが細菌をやっつける働きをするからです。

これはステロイドの働きと同じです。上手に使えば細菌に対抗できますが、過剰使用では炎症は治まりますが、感染症が多くなるのが問題となります。

炎症を抑えるNF-kBは働かないと困リますが、働き過ぎてもアレルギーがひどくなってしまいます。このバランスを上手く取る働きをするのがフランス海岸松抽出物(ピクノジェノール)です。

パンフェノンはアトピーなどの症例で有用性を論文発表されているサプリメント関連ページ

⇒ 犬のサプリ、パンフェノンの主な成分
⇒ ペットフードの怖い話
⇒ 獣医師もびっくり犬のサプリ、愛用者の声
サブコンテンツ

このページの先頭へ