犬の病気、死亡原因のトップはがん。早期発見で早期治療

犬の病気で死亡原因のトップはがんです。人間社会で同じように生活しているからでしょうか。

普段から愛犬の様子に気をつけて、ちょっとした変化も見逃さないようにしたいですね。

チワワは突然死が多い先日久しぶりに犬を3匹飼っている知人にあいましたら、その内チワワ一匹が脳梗塞で突然死したと知らされました…

人間と同じように本当に突然だったそうです。チワワはそのリスクが高いのだとか。かける言葉を失いました。

「女性自身」に「犬の突然死が急増中」というショッキングな記事が掲載されました。実際の治療にサプリメント*を使う獣医師の声と、沢山の飼い主の喜びの声が紹介されています。                                *パンフェノンを使用しています。

動物たちも環境の変化により、寿命が延び 生活習慣病 に悩まされています。現代の犬の死因は人間と同じように 「がん」 がトップなのです。

2位は「心疾患」(心不全など)。がんと心臓疾患で死因の60%を超えているのです。(朝日新聞記事より)

心臓病・アトピー・ガン増加するペットの現代病全世界の動物病院で使われているサプリメント・パンフェノン
広告

健康を保つ、あるいは治療で疲れている内臓などの負担を和らげようと、人間は食事では不足する栄養や病気に良いとされる成分などをサプリメントで補います。動物も同じです。普段から健康に注意してあげる、治療中の負担を少しでも和らげてあげたい、と思います。

獣医師と開発したサプリメントは学会で論文発表されていたり、全国2000以上の動物病院で利用されていたりします。

 犬の現代病の原因

  • 飼い主の誤った飼い方、過保護で肥満・体力の低下で自由に動けなくなったペットや、それらから誘発された心臓病やガン、またストレスから来る心因性の異常行動と言った「ペットの現代病」が増えています。
  • またペットフードがおいしく高カロリーになったことや運動不足なども一つの原因としてあげられます。
  • ストレスに悩まされるのも、決して人間だけではありません。
    心因性の異常行動とみられる症例も多く見られるようになってきました。
  • 人間であれば話を聞くことでその原因を探ることができますが、ペットの場合は出来ません。その原因を探ることは困難です。
  • 三十年前に比べ、ペットの寿命が二倍近く伸び、ペットの高齢化がいており、これに伴って老齢病も増加しています。
  • 特に深刻なのが痴呆症とガンです。
  • 痴呆症の場合昼夜が逆転して夜に吠え続ける・家の場所がわからなくなり徘徊する、などの迷惑行動が多発し、近所からの苦情が続くため飼い主が介護疲れを起こしてしまうことも。
  • ガンの場合、ペット死亡理由では5割を超えるほどになりました。
  • また、ペットのがん治療は動物には保険が適用されないため高額の治療費がかかります。

犬のがんに、イペットというサプリメントがあります

  • がんのためのサプリメントが開発されたそうです!がんになりにくいように体質改善、がんの縮小を促すサプリメント≪イペット≫
  • 動物病院からの問い合わせが殺到しているとか。
  • すでにイペットを飲ませた飼い主さんからの喜びの声が、発売もとのスケアクロウさんにたくさん届いているそうですよ。
サブコンテンツ

このページの先頭へ